京都ハバネロの里

世界の唐辛子に魅せられて、
日本の食文化に受け入れられる商品開発を行っております。

ホーム京都ハバネロの里とは > ハバネロの栽培歴

ハバネロの栽培歴

■3月に入ると、プラグトレイ(128穴)に一粒づつハバネロの種をまきます。
下の写真は播種後20日程度経ったものです。在来種の特性上、まばらに発芽することで気象異変などのリスク分散をするためと考えられています。
また、当社はレッドサビナを交配選抜し、独自の品種「レッドドラゴン」を使用しております。

3月に入ると、プラグトレイ(128穴)に一粒づつハバネロの種をまきます3月に入ると、プラグトレイ(128穴)に一粒づつハバネロの種をまきます

■5月の中旬になると本葉が7~8枚に成長してきて、日中の気温も20度以上になりますので定植を迎えます。
株間は横張タイプなので、80cm以上確保します。事前に堆肥などの元肥を施し、畦立てをして、
乾燥防止や雑草予防のポリマルチを張っておきます。

5月の中旬なると本葉が7~8枚に成長してきて、日中の気温も20度以上になりますので定植を迎えます5月の中旬なると本葉が7~8枚に成長してきて、日中の気温も20度以上になりますので定植を迎えます

■6月に入り気温が急上昇するとともに生育も旺盛になりますが、他の唐辛子と異なり、初期の生育は緩慢です。
第一果が分岐のところから結実します。下の写真のステージからでは、収穫出来る赤果になるまであと2ヶ月くらいかかります。

6月に入り気温が急上昇するとともに、生育も旺盛になりますが、他の唐辛子と異なり、初期の生育は緩慢です6月に入り気温が急上昇するとともに、生育も旺盛になりますが、他の唐辛子と異なり、初期の生育は緩慢です

■7月に入ると一気に株張りも出てきてきます。
また、第一果は収穫サイズになってきますが、ハバネロは赤くなってからの方が風味が増しますので、
収穫は8月下旬頃からとなります。

7月に入ると一気に株張りも出てきてきます7月に入ると一気に株張りも出てきてきます

■7月中・下旬になりますと、株も大きく育ち、多く結実してきます。
後は果実が赤くなるのを待ちます。肥料分が切れてくると果実も小さくなりますので、2週間ごとの追肥を欠かさず施します。

7月中下旬になりますと、株も大きく育ち、多く結実してきます7月中下旬になりますと、株も大きく育ち、多く結実してきます

■生産地の亀岡市及び京丹波町は昼夜の寒暖差が大きく、ハバネロの栽培に恵まれた自然環境で
とても品質のよいハバネロが採れます。
一般にはメキシコなどの熱帯地域が原産地とされていますが、日本の夏はメキシコと同じ熱帯性気候になり、
栽培技術レベルも高く、高品質のものが採れます。

生産地の亀岡から京丹波町は自然環境下でハバネロの栽培に恵まれています生産地の亀岡から京丹波町は自然環境下でハバネロの栽培に恵まれています

■赤くなったものだけをほぼ毎日手作業で収穫します。
鮮度の高いうちに選別して冷凍処理し、篠ソースなどの食材として備蓄します。
必要な時に必要な数量の提供ができるのはこのためです。
※篠ソースの原材料換算で200万本分のハバネロを確保しておりますので、大量注文にお応えできます。

赤くなったものだけを、ほぼ毎日手作業で収穫します赤くなったものだけを、ほぼ毎日手作業で収穫します

このページの先頭へ